未分類

注意事項を確認

中型2種免許を取得するために合宿免許を選ぶという人もいるでしょう。このような場合、申し込みをする前に確認しておくべきことがいくつかあります。まずは場所ですが、普通免許に比べて中型2種免許の場合には数が少なくなっています。また、中型2種免許を取得できる条件を満たしているのかも確認しておきましょう。これは基本なのですが、他にもまだ注意するべきことがあるのです。

それは入校制限エリアに入っていないか確認することです。入校制限エリアというのは、この地域に住んでいる人は入校できませんという決まり事なので、必ず確認しないといけません。基本的には自宅の近くにある合宿免許には参加できないことが多いでしょう。このエリア外の人でなければ参加できないようになっています。このような注意事項は、通常ホームページに記載されています。

さらには入校期間と入校日も決められているので、この点も確認しておかないといけません。入校期間というのは、寒い地域などは冬場には大雪になるので、路上教習が初心者では難しいため、晩春から秋までとなっていることが多いのです。また、入校日もきちんと曜日が決められているので、その曜日の日から合宿免許がスタートします。これだけ確認しておけば問題ないでしょう。

未分類

合宿免許先を探す

中型2種の免許を取得する場合にも、通学する方法で免許を取得することも可能ですが、合宿免許という方法も存在しています。しかし、普通自動車免許を取得する場合とは異なり、中型2種の免許を取得できる合宿免許というのは数が少なくなっています。では、どのようにして探すのかというと、基本的に普通自動車免許を取得する場合と一緒です。インターネットであれば比較的簡単に発見できるでしょう。

中型2種免許や合宿免許というキーワードを使って検索をすれば、それほど見つけるのに苦労することはありませんが、やはり数がかなり少なくなっているので、ある程度場所は限られてしまいます。しかし、遠い場所であっても合宿免許であれば泊まり込みになるので問題はありません。中型2種免許の場合には、学生のうちに取得するという人は少なくなっています。

基本的には仕事で使用するために免許の取得を行うことが多いでしょう。最近は少なくなりましたが、以前は会社で免許取得の費用や交通費などを持ってくれたところが多くありました。現在では全くなくなってしまったわけではありませんが、かなり少なくなっているので、転職をするときに取得するという人が多いでしょう。事前の情報収集も欠かしてはいけません。

推奨サイト:合宿免許施設情報サイト〔免許の匠〕
└中型二種車の免許取得ができる教習所一覧です。

未分類

取得の条件を確認

中型2種免許を取得する方法は、一般的な普通自動車免許を取得する方法と基本的には一緒です。まずは教習所へ行って卒業証明を貰い、運転免許試験場へ行って免許を貰うという方法になります。異なっているのは免許の種類、学科や実技の時間となるのですが、他にも異なっている点が存在しているのです。それは免許を取得できる条件なのですが、中型2種の取得条件はどのようになっているのでしょうか。

中型2種を取得できる条件というのは、年齢が21歳以上であること、普通自動車免許を取得していること、片目の視力が0.5以上、両目の視力が0.8以上という条件があるのです。これらの条件を満たしていなければ、中型2種の免許を取得することはできません。ちなみに普通自動車免許より上である中型自動車免許を所持している場合でも、取得条件を満たしていることになります。

ただし、普通自動車免許以上の免許を取得してから3年経過していることも条件となっているのです。よって21歳以上であっても、普通自動車免許を取得して3年が経過していない場合には、中型2種の免許を取得することはできません。これらの条件をよく確認してから申し込みを行う必要があります。もちろん申込時に確認されるので、条件を満たしていなければ断られてしまいます。

未分類

中型二種の運転免許

近年は運転免許の種類がどんどん増えていますが、そんな中には中型二種という免許も存在しています。以前は中型という運転免許自体が存在していませんでしたが、交通事故が多いことからこのような免許がどんどん増えていくのです。以前から1種と2種の免許は存在していたのですが、何が異なっているのかというと、1種の免許は運転免許が必要な車などを運転するために必要な許可証であり、2種免許はその乗り物を使って商売をするために必要な免許なのです。

よって中型2種というのは、中型免許で運転可能な車を使って商売を行うために必要な許可証ということになります。ちなみに中型免許というのは、車両の重量が5トン以上で11トン未満、最大積載量が3トン以上で6.5トン未満、乗車定員が11人以上で30人未満の四輪車両を運転することができる免許です。これは平成19年から導入されました。これ以前に普通自動車免許を持っていた人は、中型免許の8トン限定という種類に分類されています。

そんな中型の2種免許を取得する場合にも、やはり通学免許と合宿免許の2種類が存在しているのです。スムーズに免許の取得を行いたい場合には、合宿免許に参加するのがよいでしょう。もちろん取得するためには条件が存在しているので、まずは合宿免許先を探す前に、自分が中型2種の運転免許を取得できる条件を満たしているか確認してみましょう。当サイトでは中型2種免許を取得できる合宿免許先についての情報を記載しています。